This is TAMAO

welcome!!

more about

News

2020もはや2月。新型コロナウィルスもとても心配です。店からマスク・消毒液が消え、中国からのものが来なくなる!とか心配が増えるばかり。いつもマスクはしていますが、とにかくできる対応をしていこうと思います。</br>今年は元旦からヨーロッパに行ってきました。もちろんジャズクラブにも行きましたよ!どこに行っても聞きなれた音楽が流れてくると、妙に安心します。</br>来月からまたソロツアーも始まります。ともかくきをつけましょ〜〜〜〜!!!そしてenjoy music!

PROFILE

千葉県松戸市出身  千葉大学薬学部卒業
洋楽好きな母の影響で幼いころから、
ラテン・R&B・カンツォーネなど様々な世界の音楽に触れ、口ずさみながら育つ。
その中でもとりわけ黒人音楽に強く惹かれ、以降強く影響を受け続けている。R&B Soul Gospel Jazz を得意とする。

大学在学中にロックバンドに参加、音楽活動をスタートさせる。
しかし無理な発声が災いし喉を壊す。
それを機にレッスンを受けるようになる。
これまで、矢野誠・亀淵由香・丸山生子・信太美奈各氏に師事し、
発声・歌唱・作曲を学ぶ。
日本語・英語はもちろん、父親が韓国人であったことからハングルでも歌う。

これまで都内を中心に、
自らのソウルバンドを率いてのライブ活動・
オリジナル曲を基軸としたバンド“東京みかん”としての活動・
日本語ジャズバンド“シャナリシャナ”での活動をへて、
水口昌昭(G)・小林鈴勘(尺八)両氏とともに
2011年11月“KIMONO JAZZ”と題するコンサートをパリで成功させる。
その際フランス人アコ―ディオニストPatrik Nugier氏らとの共演も果たす。



2014年〜16年渋谷JZ-Bratでのコンサート、バースデーライブ アルバム発売記念ライブ Aretha Franklinトリビュートライブ、を大成功させる。</br> 2015年10月音楽監督に田中裕士氏を迎え、アルバムINDIGO BLUEをリリースした。
ジャズの枠だけには収まりきらない意欲作を作り上げることに成功した。

現在2016年10月pf菊地雅之氏b八尋洋一氏とともに、阿佐ヶ谷ジャズストリート出演したことを機に結成した
バンドTAMAOで、オリジナル曲を中心とした新たな境地開拓に意欲を燃やしている。2017年目黒Bluesalley Japanにおいて、結成1周年記念ライブを大成功させる。2019年よりper藤橋万紀氏も新たに加入。

またG道下和彦氏とのデュオ、同じくG塩本彰氏とのデュオ、若手ピアニスト石渡雅裕氏とのデュオなどの演奏活動も精力的に行っている。
目下九州・関西・東北で活動しているが、海外での活動も視野に入れている。

*主な共演者

田中裕士(pf) 深井克則(pf) 進藤陽吾(pf) 道下和彦(g)
井上新平(fl) Patrik Nugier(acc) 仙道さおり(per)
Simon Cosgrove(sax,pf) 谷口英治(cl) 井上尚彦(dr) Mark Tourian(B)
松尾ひろよし(g) 塩田哲嗣(B) 八尋洋一(B)
村上広樹(dr) Gregg Lee(B) 塩本彰(g)Pat Glynn(B) etc

*敬愛するアーティスト
 Cassandra Wilson・ Louis Armstrong
 Carmen McRae ・ Mariza ・ Stevie Wonder ・ D'angelo etc

Discography

new →olds

Indigo Blue

Tamao

東京みかん

東京みかん

シャナリズム

シャナリシャナ

Recent Works

from youTube